CATEGORY赤かぶ(温海かぶ)

山形県庄内特産の温海かぶです。砂糖の甘味と酢の酸味そして温海かぶ自体の辛味が程よくマッチしています。生の温海かぶは外皮が赤紫色、果肉は純白です。この温海かぶを甘酢で漬け込むと、外皮の色素が甘酢の中に溶け込み全体が紫色になります。この色素の素であるルブロブラッシン(アントシアニンの一種)には酸化抑制作用があることが判明し、老化防止やがん予防などの期待が持たれています。

また、漬物の梨屋の「赤かぶ(温海かぶ)」は、作家山口瞳 の「酔いどれ紀行」の「酒田、鶴岡、冬支度」の章に紹介されています。

表示順 : 
表示件数:1~5 / 5
2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30